FC2ブログ
 
■プロフィール

CSまちデザイン

Author:CSまちデザイン


さまざまな学びの場をさまざまな人のためにコーディネートする活動を展開しています。
 =市民講座=
 =総合的な学習の時間プロデュース=
 =料理スクール=
 =著書=


講座申込

■カテゴリー
■市民講座案内と報告
■月別のお知らせ
■CS

■リンク
■ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
報告*フランス額装を愉しみながらフランスの文化を学びませんか?
■報告■2009年度■第1期市民講座■講座番号⑧■シリーズ世界を知る■


フランス額装を愉しみながら

フランスの文化を学びませんか?


 「フランス額装」とは大切にしたいポストカード、写真、ラベル、レッテル、古いレースなどを保護し、愉しむというフランスの生活芸術のひとつです。最初の作品は紙だけで額装する「パス・パルトゥ」。紙の質と色で表情がぐんと変わってくるので、その不思議な力を実感できます。今期も新しい方がたくさん参加してくださいました。写真とアンケートは全て初めて参加してくださった方々のものです。初めてでも楽しく参加できる講座です。来期も開講が決定しました。お気軽にご参加ください。

◆受講者のみなさまの声から

・とても親切に指導していただきました。先輩の作品が見られるのもいいですね。

・「フランス額装」とはどういうものか知らずに受講しました。とても素敵な作品を作ることができて満足しています。

・初めて参加しましたが楽しめました。フランス額装がどんなものか知らなかったので、サンプルを見て新鮮に思いました。展覧会などで、先生や先輩の作品を見たいと思います。

・楽しく、かつ集中して講座を受けられました。また、紙を選ぶ時にいろいろな色があり、それを見ているだけで幸せな気分にもなりました。ちょっとしたコツ、手間で作品もきれいに仕上がり、満足のできるものでした。

フランス額装


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
<全3回>
◆講 師: 巽 英里さん(アトリエ・ミラボー主宰)
◆日 時: 5月27日、6月10日、24日(水)10:30~12:30
◆会 場: 赤堤館会議室(世田谷線松原駅下車徒歩1分)
◆受講料:  3回で7,000円(会員価格6,300円)
◆定 員: 20名
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽



スポンサーサイト
09年度第1期市民講座開催報告 | 00:43:17
報告*コーラス
■報告■2009年度■第1期市民講座■講座番号④■シリーズ健康ライフ■


ゆったりと沖縄の海を思い浮かべながら、

ここちよいハーモニーを楽しみませんか?


 今回のコーラスは初めての方も含めて15名の参加がありました。木曜日の午前中、連続4回講座でテーマは「沖縄」。「島唄」「てぃんさぐぬ花」を練習し、最終回にはピアノの伴奏で3部に分かれて歌い上げました。

■受講者のみなさまの声から

・最高に楽しめました!!2度目の参加とはいえ、「シ」の発音も知らなかったゼロからの出発でしたが4回目にはなんとか自分としては間違えずに歌えました。

・発声に対するイメージの表し方が的確で、とてもわかりやすくご指導いただきました。まとまった曲作りができ、完成度も高かったので満足感を得られました。

・大きな声で歌うことが楽しかったです。コーラス初体験でしたが、講師のわかりやすいご指導のおかげで楽しかったです。

・楽しい授業は待ち遠しいと共に緊張があり、張りのある1ヶ月でありました。

09-01-報告④コーラス
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
<全4回>
◆講 師: 長谷川純子さん(二期会会員、コーラスグループcopine指導者)
◆日 時: 5月21日、28日、6月4日、11日(木)10:30~12:30
◆会 場: 赤堤館視聴覚室(世田谷線松原駅下車徒歩1分)
◆受講料:  4回で6,800円(会員価格6,120円)
◆定 員: 20名
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


09年度第1期市民講座開催報告 | 15:11:24
【報告】伝統野菜が地球を救う
報告■2009年度■第1期市民講座■講座番号③■シリーズ食農共育■


伝統野菜が地球を救う

  「亀戸大根」「金町こかぶ」「千住ねぎ」その土地で昔から作られ、世代を越えて食文化を形成してきた伝統(伝承)野菜が、今、静かなブームです。地球にやさしい地産地消の究極の姿(?)としての江戸東京伝統野菜についての講座。
生産者との交流を密にされている大竹先生だからこそ、江戸野菜が種を守り続け大切に栽培されてきたことが身近に伝わるお話を伺いました。古い文献や貴重な資料を数多くスライドで紹介、それぞれの江戸野菜のストーリーに思いを馳せながら、採れたての「馬込半白きゅうり」と「寺島ナス」の試食をしました。江戸野菜を使ったお料理教室も実現してみたいですね。

■受講者のみなさまの声から

・東京で生まれて東京で暮らしながら江戸野菜を食べた事がなく、あまり存在を知らなかったので今日はとても勉強になりました。伝統野菜を作るのは普通の野菜よりとても大変でなかなか生産者が少ないのも無理はないと思います。少しでもそういう農家さんに貢献できたら、これからも残していってほしいので是非買ってみたいと思います。

・東京がこんなにも田園都市であったことを知りませんでした。伝統野菜の種をぜひとも残していけたらいいと願わずにいられません。昔なつかしい野菜の味を味わえてよかったです。ぜひ調理会も企画してほしいです。

・江戸野菜、初めて利きましたがネーミングがいいですね。今日の講座でとても身近に感じることができるようになりました。

・野菜のルーツなど大変興味深く聞くことが出来ました。とても楽しかったです。子どものころ食べた野菜のことを思い出しました。

09-01-報告③伝統野菜

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
◆講 師: 大竹道茂さん(江戸東京・伝統野菜研究会代表)
◆日 時: 6月2日(火)10:30~12:30
◆会 場: 生活クラブ館クッキングスタジオ(小田急線経堂駅下車徒歩2分)
◆受講料: 2,500円(会員価格2,250円)
◆定 員: 20名
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


09年度第1期市民講座開催報告 | 20:20:05

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。